国際併願という選択肢

共通語~英語で勉強できる環境を選ぶ~

専攻や希望するキャリアを想定すれば、大学選択肢は世界に広がると思います。
「日本人教員の日本語による日本人を対象とした日本の大学」という選択肢のみからの卒業はグローバル化への第一歩です。
学ぶことでも働くことでも結局求められるのはグローバル思考のローカル人材です。
国際併願におすすめの大学および専攻でご紹介した国際併願可能な大学を申し込むのであれば、2言語教育(DLE-Dual Lingual Education)に取り組む中学高校かIB(国際バカロレア)等の国際カリキュラムを実施しているインターナショナルスクールでしっかりと学び、特に、数学、理科等の学科を英語で学び、いわば英語のスタディスキルを習得する必要があります。

 

海外の大学の3つの特徴

1.学術、ビジネスの共通語ー英語でハイレベルでの授業が行われている。
2.教員、学生双方とも多民族で構成されていてDiversityが高く卒業後の人脈構築に極めて有利。
3.グローバル企業、研究職、国際機関等に高い就職実績と大きな優勢がある。

 

様々な条件で最も適した大学(コース)が選択できる「国際併願」

国際併願の組み合わせもそうですが、否成績条件、コースの特徴と評価、直接入学の可否、卒業後の就労ビザの取得のしやすさ、居住環境、治安状況、費用等を総合的に考慮して、大学を決定すると思います。
当社と業務提携するワールドクリエイティブエデュケーションでは、将来のキャリアビジョンに合わせて、複数の国に平行出願する「国際併願」を推奨しています。
本拠地はシンガポールで、広くアジア在住の日本人のインター高校生や日本の高校生に「国際併願」の進路指導をしています。
日本のように筆記試験もなく、複数出願でき、様々な条件で最も適した大学(コース)が選択できる「国際併願」は意欲の高い学生の「買い案件」と言えます。

国際併願におすすめの大学および専攻は下記をご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る