幼少期の海外留学で養われる能力

写真:©Wikimedia Commons
日本国内でも、世界的な大富豪や超大物の財界人、政治家、芸術家、王族の子供たちとの人脈づくりのためにスイスの名門校を目指し、小学生のうちから海外のボーディングスクールに子供を預ける富裕層も珍しくないという。

世界中から富裕層の子供たちが集まるとなると、語学だけでなく折衝力、自己解決能力、コミュニケーション能力が備わるだけでなく、宗教観や価値観も異なる相手と付き合う中で自然にグローバル能力が養われていく。

ボーディングスクールは年間1000万円と言われているが、部屋や食事、環境など一定以上のケアが行き届いている。授業も詰め込みではなく思考力を高め、議論させる教育であり、放課後や週末も季節ごとに芸術やスポーツなど新たなチャレンジが可能な多彩なアクティビティーが提供されている。

世界中で活躍するエリートや、国や地域の未来を担う子供たちと強固なネットワークが築けるのは心強い財産になる。現に独裁国家といわれる国のトップもスイスのボーディングスクールの卒業生だ。子供を上流ロードに乗せるために、有効な手段の一つがこのボーディングスクールではあるが、日本国内だけでは得る事のできないさまざまな選択肢を実際に経験することで自然とゴールが見えてくることに大きな意味があるのであろう。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けボーディングスクール情報やや富裕層の二次相続などの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

ページ上部へ戻る